伊勢だより

十二月四日

宮川の伊勢大根干し

 「伊勢たくあん」は、全国に知られた伊勢の名産品のひとつ。
昔は、西へ東へ、四斗(と)のたくあん樽を積んだ帆船(ほせん)が次々と伊勢湾を出ていったものでした。
ところで、たくあんの風味のきめ手は、乾いた冬の風。
しんなり干しあげるのに、伊勢の野を吹きぬける冬の風は最適です。
こちらの言葉で「はっさ」と呼ぶ干架(ほしか)に大根がずらりとかかりました。
もうすぐ、お正月。

伊勢・いすずの里だより

二十四節気・小雪(しょうせつ)

十一月二十二日 〜 十二月六日頃

わずかながら雪が降りはじめるころ。
日暮れが一段と早くなります。五十鈴川に雁の姿が見られます。川の水が日ごとに冷たさを増していきます。

詳しく見る