伊勢だより

三月六日

岡寺初午

 今日、隣町松阪は、厄除けのまつり“初午(はつうま)”の日。
伊勢地方では、三月最初の午(うま)の日に厄落としに出かける風習があり、岡寺山(おかでらさん)継松寺(けいしょうじ)は厄払いの名所。
ここは古くから「岡寺(おかでら)さん」と親しまれ、厄年の男女がお参りします。
今年は、時期をずらしたりする方もおいでかと思います。
厄落としの縁起物、竹製「猿はじき」のように厄をはじき飛ばし、一年の無事を祈ります。

伊勢・いすずの里だより

二十四節気・啓蟄(けいちつ)

三月五日 〜 三月十九日頃

大地も暖まり、冬のあいだ地中にひそんでいた虫がはい出てくるころ。
下萌えがいっせいに始まった野山は、土が匂い立ち、春を告げる花々が咲き始め、五十鈴川辺りの桜も枝の先が色づき始めています。

詳しく見る