伊勢だより

四月二十日

神宮植林

 二百年後のために、いま御遷宮(ごせんぐう)用材の植林が行われています。
神宮をとりまく神路山(かみじやま)に、山林関係者が集まり、植樹祭のご奉仕です。
神宮は、摂社末社(せっしゃまっしゃ)にいたるまでが、桧(ひのき)の素木(しらき)づくり。
二十年ごとの遷宮(せんぐう)に要する量は膨大です。
また、昔のように、神路山からずっとご用材をいただけるように、今植えるのです。
小さな苗木が、かぐわしい良木に育つことを祈ります。

伊勢・いすずの里だより

二十四節気・穀雨(こくう)

四月二十日 〜 五月四日頃

春の暖かい雨が降って、穀類の芽が、伸びてくるころ。
春の暖かい雨が降ります。晴れた日は、新橋下の五十鈴川河川敷で元気に泳ぐ鯉のぼりを見ることができます。

詳しく見る