伊勢だより

六月二十二日

郷土玩具獅子頭

 獅子頭(ししがしら)は、古い伊勢みやげの一つ。
そもそも伊勢国は「お頭(かしら)神事」………獅子舞の多い土地でした。
それにちなんで名物みやげになったのです。
おがくずを固め、まっ赤な紅で塗り上げて作る 「ねりもの」と呼ばれるこの古風な郷土玩具。
つくる人はいなくなりましたが、伊勢の歴史を知る素朴で愛らしい名物です。

伊勢・いすずの里だより

二十四節気・夏至(げし)

六月二十一日 〜 七月六日頃

太陽が最も高くなり、昼夜最も長い日。太陽が夏至点に達する。
しのぎにくい梅雨です。朝から蒸し暑く、少し動いただけで汗がにじみます。昼間が最も長い時期です。

詳しく見る