十月 栗餅

十月 栗餅

重陽の節句

今の十月、旧暦の九月九日は、五節句の中でも最も大切な「重陽の節句」。
この日、人々は菊花を浮かべた酒をくみ、栗飯や栗菓子を食べ節句を祝い、不老長寿を祈りました。
このような風習にならい、十月の朔日餅は「栗餅」。
もち米の食感を程よく残した生地で、風味豊かな栗餡(あん)を包み、栗の甘露煮を載せました。選び抜いた栗の味と薫りに、秋を味わいください。

※10月朔日餅「栗餅」の販売は、通常通り販売する予定でございますが、
新型コロナウイルス感染症の感染拡大の状況により変更となる場合がございます。
ご了承くださいませ。

  • 小箱(6個入り)

    小箱(6個入り)

    930円【税込】

  • 大箱(10個入り)

    大箱(10個入り)

    1,550円【税込】

  • 化粧箱(9個入り)

    化粧箱(9個入り)

    1,800円【税込】

  • お召し上がり(2個入り)

    お召し上がり(2個入り)

    320円【税込】

    お召し上がりには、「伊勢茶」の新芽を使用した有機栽培の「煎茶」をご用意いたします。

    【店舗限定】本店、EXPASA御在所上り赤福茶屋

消費期限、保存方法について

  • 消費期限

    販売日 当日限り

原材料、アレルゲン、栄養成分について

原材料

栗あん(国内製造(栗、砂糖))、もち米、砂糖、栗甘露煮(栗、砂糖)、食塩、寒天 / トレハロース、酸化防止剤(ビタミンC)、クチナシ色素

アレルゲン(特定原材料等)

なし

栄養成分表示

熱量 112kcal
たんぱく質 1.2g
脂質 0.2g
炭水化物 26.1g
食塩相当量 0.09g

 ※1個当たり
※当社計算による推定値(日本食品標準成分表2015に基づく)

  •  伊勢千代紙の絵について

    伊勢千代紙の絵について

    秋の山の実り、秋の味覚が幸福感となって伝わって来る、そんな気がする版画家の徳力富吉郎先生の絵です。