五月 かしわ餅

五月 かしわ餅

子々孫々の繁栄を祈るかしわ餅

新緑の五月。子供の成長を祝う端午の節句にかかせないのは「かしわ餅」。
柏の葉は新葉が育つまで枯れ落ちず、代ゆずりをします。また、葉の形が、神参りのときに打つ柏手に似ていることから、子々孫々の繁栄を祈るという縁起があります。
五月の朔日餅は、こし餡の入った餅を柏葉で包んだ「かしわ餅」です。

  • 小箱(6個入り)

    小箱(6個入り)

    620円【税込】

  • 大箱(10個入り)

    大箱(10個入り)

    1,030円【税込】

  • 化粧箱(9個入り)

    化粧箱(9個入り)

    1,600円【税込】

  • お召し上がり(2個入り)

    お召し上がり(2個入り)

    230円【税込】

    お召し上がりには、「伊勢茶」の新芽を使用した有機栽培の「煎茶」をご用意いたします。

    【店舗限定】本店、EXPASA御在所上り赤福茶屋

消費期限、保存方法について

  • 消費期限

    販売日 当日限り

原材料、アレルゲン、栄養成分について

原材料

砂糖(国内製造)、米粉、小豆、米油、食塩 / トレハロース、増粘多糖類、クエン酸(Ca)

アレルゲン(特定原材料等)

なし

栄養成分表示

熱量 126kcal
たんぱく質 1.9g
脂質 0.4g
炭水化物 28.9g
食塩相当量 0.05g

 ※1個当たり
※当社計算による推定値(日本食品標準成分表2015に基づく)

  • 伊勢千代紙の絵について

    伊勢千代紙の絵について

    端午の節句で使われる菖蒲(しょうぶ)は、江戸時代から品種の改良が行われ多くの人々を魅了してきました。花菖蒲は三重県の県花にもなっています。