三月 よもぎ餅

三月 よもぎ餅

よもぎの色と香りを楽しむ上巳の節句

古来、よもぎは「魔除草」と呼ばれ、久しく食されてきました。昔、三月三日に蓬(よもぎ)餅をお雛様にお供えしたのは、香り高く繁殖力の強いよもぎを餅にして子孫繁栄・無病息災を祈るためです。
三月の朔日餅は「よもぎ餅」。よもぎの持つ色と香りをそのまま練り込んだ餅生地で、つぶ餡を包んでいます。
女児のすこやかな成長を祈る上巳(じょうし)の節句(桃の節句)にちなんだ餅菓子です。

  • 小箱(6個入り)

    小箱(6個入り)

    620円【税込】

  • 大箱(10個入り)

    大箱(10個入り)

    1,030円【税込】

  • 化粧箱(9個入り)

    化粧箱(9個入り)

    1,600円【税込】

  • お召し上がり(2個入り)

    お召し上がり(2個入り)

    220円【税込】

    お召し上がりには、「伊勢茶」の新芽を使用した有機栽培の「煎茶」をご用意いたします。

    【店舗限定】本店、EXPASA御在所上り赤福茶屋

消費期限、保存方法について

  • 消費期限

    販売日 当日限り

原材料、アレルゲン、栄養成分について

原材料

砂糖(国内製造)、もち米、小豆、よもぎ、食塩、馬鈴薯澱粉、よもぎ粉/重曹、リン酸塩(Na)

アレルゲン(特定原材料等)

なし

栄養成分表示

熱量 129kcal
たんぱく質 2.3g
脂質 0.3g
炭水化物 29.3g
食塩相当量 0.04g

 ※1個当たり
※当社計算による推定値(日本食品標準成分表2015に基づく)

  • 伊勢千代紙の絵について

    伊勢千代紙の絵について

    三月、女の子の節句、ひな祭りの月です。 春らしく、若草色や桃色、黄色をあしらって、明るく華やいだ色合いになっています。 女児の健やかな成長を願って、版画家の徳力富吉郎先生におひな様の絵を描いていただきました。