九月 萩の餅

九月 萩の餅

収穫のよろこびを祝う 馴染みの深いおはぎ

みのりの秋。
収穫のよろこびを、古人はおはぎをつくって祝いました。秋の七草の一つである萩は、草かんむりに秋と書きます。古代から親しまれる草花です。
小豆のつぶつぶとしたつぶ餡の色や形を、咲きほこる萩の花に見たてたのがおはぎの由来です。
九月の朔日餅は「萩の餅」。季節菓子としてなじみ深いおはぎをご用意いたします。
ほんのり塩味をきかせた「萩の餅」はあたたかいお茶がよく合います。

  • 小箱(6個入り)

    小箱(6個入り)

    620円【税込】

  • 大箱(10個入り)

    大箱(10個入り)

    1,030円【税込】

  • 化粧箱(9個入り)

    化粧箱(9個入り)

    1,500円【税込】

  • お召し上がり(2個入り)

    お召し上がり(2個入り)

    230円【税込】

    お召し上がりには、「伊勢茶」の新芽を使用した有機栽培の「煎茶」をご用意いたします。

    【店舗限定】本店、EXPASA御在所上り赤福茶屋

消費期限、保存方法について

  • 消費期限

    販売日 当日限り

原材料、アレルゲン、栄養成分について

原材料

砂糖(国内製造)、もち米、小豆、食塩/トレハロース、リン酸塩(Na)

アレルゲン(特定原材料等)

なし

栄養成分表示

熱量 121kcal
たんぱく質 2.2g
脂質 0.3g
炭水化物 27.4g
食塩相当量 0.05g

 ※1個当たり
※当社計算による推定値(日本食品標準成分表2015に基づく)

  • 伊勢千代紙の絵について

    伊勢千代紙の絵について

    一面に秋の草花をちりばめています。 “実りの秋”“収穫の秋”の喜びを、扇面に秋草を描き、錦おりなす季節を美しく版画家の徳力富吉郎先生に描いていただきました。