2月 立春大吉餅

「立春」(二月四日)は、二十四節気の“元日”。
前日の“大晦日”には、豆をまいて一年の邪気を打ちはらい、また新しい年を健康に過ごせるよう黒豆をたべるのが風習でした。これが「節分」です。
二月の朔日餅は、「立春大吉餅」。黒大豆と大豆を使った二種類の豆大福です。一つは、大粒の黒大豆とこし餡を餅生地で包み、もう一つは、こし餡と大豆を包んだ餅生地にきな粉をまぶしました。お餅と豆の食感をお楽しみください。
「鬼は外、福は内」、皆様がまめに過ごされ、ますますご繁栄なさいますよう、心から祈念いたします。


お召し上がり


2個入り 250円【税込】

立春大吉餅に合わせ、あたたかい「福茶」をご用意いたします。
梅の実と昆布を入れた福茶は、本来、福を招くものとして立春のお茶とされてきました。 塩味の効いたお茶とともにお召し上がりください。

《お召し上がりいただける店舗》
本店
EXPASA御在所上り赤福茶屋

お土産

小箱 6個入り
大箱 10個入り
化粧箱 9個入り
740円【税込】
1,240円【税込】
1,600円【税込】

※商品価格には消費税8%が含まれています。

消費期限 販売日 当日限り
特定原材料等 大豆
エネルギー(熱量) 1個あたり (大豆)131kcal、(黒豆)130kcal
 ※当社計算による推定値(日本食品標準成分表2010に基づく)

伊勢千代紙

伊勢千代紙の絵について
絵柄は、版画家の徳力富吉郎先生に描いていただきました。
見ていると、つい春の歌を口ずさみたくなります。
春を満喫する曼陀羅(まんだら)そのもので“立春大吉餅”を包んでいます。

取扱い店舗のご案内購入についてのご案内