奥の院富士見台

伊勢だより

 伊勢志摩スカイラインの山頂近くに弘法大師(こうぼうだいし)ご開山で有名な朝熊岳(あさまだけ)・金剛證寺(こんごうしょうじ)があります。
伊勢の街から見て朝日は朝熊岳の方角から出ます。
その向うは太平洋。
金剛證寺が旅人からも伊勢人(いせびと)からも長く信仰されてきたのは、陽光が生まれる有難い山にあるからです。
よく晴れた日、奥の院から富士山が望めることもあります。
一休禅師(いっきゅうぜんじ)もここで一句ひねったほど。
江戸時代の『参宮名所図絵(ずえ)』にも紹介されている場所です。

二月二十一日

各位

店主敬白

二十四節気

雨水(うすい) 2/19〜3/5

暖かさに、雪や氷が解けて蒸発し、雨水となって降りそそぐころ。
行きつ戻りつする季節の中で、内宮神苑では、紅梅がほころび始め、早咲きのカンヒザクラも満開。春の息吹を感じます。

お杉お玉(相の山)
光明寺一つ鐘
奥の院富士見台
汗かき地蔵
大淀お頭神事
通町能楽
松浦武四郎
舞楽面(還城楽)
ハマジンジョ
臥龍梅
外宮清盛楠
松尾観音初午
岡寺初午
青峰山お船祭り
幸の神大祭

伊勢だよりとは、お客様へ赤福の主人がお贈りする、 その日の手紙です。