幸の神大祭

伊勢だより

 幸神社と書いて「さいのかみさま」とよばれています。
伊勢の西、玉城(たまき)町にあるお宮です。
いくつもの鳥居をくぐって社殿にいたると、一心に拝礼しているご婦人をみかけたりします。
ここは子供の神様。
ことに申(さる)の日、人に告げずにここに参詣すれば子宝をさずかるという言い伝えがあるのです。
さて、三月第一・第二の申の日は大祭。
めでたく子宝を得たご夫婦のお礼参りなどでにぎわいます。

各位

店主敬白

二十四節気

啓蟄(けいちつ) 3/6〜3/20

大地も暖まり、冬のあいだ地中にひそんでいた虫がはい出てくるころ。
下萌えがいっせいに始まった野山は、土が匂い立ち、春を告げる花々が咲き始め、五十鈴川辺りの桜も枝の先が色づき始めています。

神宮皇学館
宮川シラス漁
滝原宮
松尾観音初午
岡寺初午
御座潮仏
幸の神大祭
橋本平八
舞楽面(綾切)
日永の追分
さざえの壷焼き
一色能
日蓮聖人誓の井戸
杉木普斎
鏡の宮

伊勢だよりとは、お客様へ赤福の主人がお贈りする、 その日の手紙です。