関宿 菓舗関の戸

伊勢だより

 三重県北の関(せき)町は、鈴鹿峠のふもとに栄えた古い宿場町(しゅくばまち)です。
東海道四十七番目の宿場町であり、伊勢別街道と大和街道が交わる交通の要衝でもありました。
もっとも、明治になって関西本線が開通すると、この宿場町も、静かになりました。
しかし、だからこそ、かえって往時(おうじ)の古い街道も今日にのこりました。その中には、ご同業の老舗の菓子屋もあります。

各位

店主敬白

二十四節気

立春(りっしゅん) 2/4〜2/18

はじめて春の気配が現れてくる日。春立つ日。
空は青く、陽射しは暖か。けれど風は時おり、強く。春一番が吹くのは、そろそろ。

業平の松
伊勢奉製業
伊勢海苔採り
伝統工芸根付け師
高向神社 お頭神事
大淀お頭神事
松古窯
桑名船津屋泉鏡花句碑
関宿 菓舗関の戸
神宮忌火
芭蕉生家
東海道 関の地蔵
郷土玩具鉄砲とコマ
大台町ゴミカケ祭
近長谷寺

伊勢だよりとは、お客様へ赤福の主人がお贈りする、 その日の手紙です。