赤福餅ができるまで

赤福餅をつくる

11 包装する

赤福餅を包装します。
木目シート、ふた、その日の伊勢だより、さじの順に自動的に入れられて赤い帯で封をします。

包装機で自動包装され、ピンク色の包装紙にも製造年月日と消費期限日が印字されます。
一箱一箱に正しく印字されているか、検査装置と目視で確認を行います。

金属検出機を通して金属類が入っていないか最終確認を行います。

段ボールに梱包します。段ボールにも製造年月日を捺印し出荷します。


製品課課長 井口

現場の取組み
私たちは、お客様に「安全・安心・おいしい」赤福をお召し上がりいただく為に法令を順守して、機械の洗浄・殺菌においては、2時間以上をかけて衛生管理に取り組んでいます。食品衛生8S活動を通じて、美味しい赤福餅が出来る様に日々努力をしています。