赤福餅ができるまで

工場の衛生

06 生産ラインへの入場

リネンサプライ専門会社と契約し、毎日クリーニングされた作業服を着用します。
帽子のすそは上着のえり下まで入るようになっています。上着のすそは2重になっており内側のすそをズボンの中に入れます。作業着の袖口やズボンのすそは、フライス(ゴム編み)になっています。ズボンのすそも長靴の中に入れ、毛髪などの落下を防止します。

最初に逆性石けんで爪のあいだまでよく手洗いをします。手を乾かしたあとアルコール消毒をします。

粘着ローラーで帽子や上着、ズボンについている異物を取ります。

強い風圧の「エアーシャワー室」を通ります。
ここで体を回転させながら作業服についている粉じんや異物を取り除きます。

作業に入る前に、再度、逆性石けんで手洗いをします。手を乾かしアルコール消毒をします。
ビニール手袋をはめてからも手洗いをして各現場で作業を行ないます。

作業服の管理
その日使った作業服は、毎日、リネンサプライ専門会社へクリーニングに出します。
これにより、異物混入や汚染を予防しています。また、作業服にはICチップがついており、適切にクリーニングを実施しているか1着づつ管理もしています。